ポイント

「全国の歯科クリニック平均、女性勤務者が男性の約3.3倍!」
→「男性スタッフ:1.87人/院」「女性スタッフ:6.13人/院」※1

「組織作り」と「女性マネジメント」

歯科診療所は、女性の職場です。

男性社会では、基本的に人間関係を上下の序列で捉え、常に地位を築こうとしますが、女性社会では上下の序列を嫌い、横社会で、争いを嫌い、対等を重んじます。例えば「相互謝罪」などは典型的な女性社会のルールですが、ご存知ですか? 

そして、開業後は、スタッフの満足度を上げ離職率を下げるための仕組みを作ることも重要です。満足度が低いと(不満が多い、離職率が高いと)採用コストや育成コストが発生し、且つ、スタッフの定着しないクリニックという悪い噂が立ってしまう可能性もあります。

女性に適したマネジメントスタイルとちょっとした気遣いのあるアイディアで医院は大きく変わりますので、女性社会での組織作りとマネジメントを身に付けなくてはなりません。

尚、当社は精度の高いマッチング・低コスト採用・幅広い求職者にアプローチできる歯科求人サービスも運営しておりますので、開業前や開業後のスタッフ採用時にもご支援させていただくことが可能です。

「患者満足度が収益に直結!」

科目別に見ると、診療所における診療患者数で新患の割合が最も低いのが精神科(メンタルクリニック)であり、新患率は全患者数の「4%」と言われていますが、逆に、最も高いのが小児科と耳鼻咽喉科「27%」であり、次に高いのが皮膚科「26%」です。※2

歯科でもこの傾向は変わらず、リコールの割合が高いことに変わりはありません。

つまり、新たに来院してくれた患者さんが必ずリコールしてくれるようなご満足いただける治療と応対ができるかが経営安定化のポイントとなるということです。

  • 1.2021年12月末現在 EPARK歯科掲載 14,223医院のデータから抽出
  • 2.平成26年医療施設調査